沿革

COMPANY HISTORY


沿 革

昭和21年6月 大阪市平野区加美北3丁目8番37号にプレス工場設立
昭和31年8月 有限会社サトウ製作所を設立
昭和36年 (株)クボタ堺製造所より農機部品の受注取引開始
昭和37年 (株)ヤマトプロテックより消火器部品の受注取引開始
昭和40年 (株)サトウ製作所を設立(資本金500万円)
昭和53年 大阪市平野区加美北1丁目5番7号に溶接専門工場を開設
昭和59年 奈良県磯城郡田原本町にプレス工場を開設
平成元年 ロボット溶接機を増設
平成6年 2次元レーザー加工機(三菱)を増設
平成8年 (株)サトウプロダクトに社名変更 (社名変更に伴い増資) 第4工場及び、本社工場増築 ワイヤー放電加工機・NCフライス盤増設
平成13年 資本金2,300万円増資
平成16年 溶接ロボット工場拡張
平成17年 物流倉庫拡張 検査室拡張
平成18年 鈑金工場新設 4KWレーザ導入 田原本工場 250トンプレス増台
平成19年 新型溶接ロボット2台導入 ISO9001認証取得 新倉庫設立
平成20年4月 新ロボット工場完成(新型ロボット3台増台)
平成21年 ステンレス専用溶接ロボット導入
平成23年4月 田原本工場拡大、第一期工事
平成23年8月 田原本工場拡大、第二期工事
平成23年11月 2次元レーザ加工機増台
平成24年2月 新本社ビル着工
平成24年5月 第13倉庫完成(本社工場)
平成24年8月 新本社ビル完成(大阪市平野区)
平成24年9月 ミツトヨ3次元測定器導入
平成24年9月 本社工場第14工場新設(新型ロボット溶接機2台導入)
平成25年9月 (株)ピーエム技研(100%出資子会社)
平成25年12月 本社工場第15工場新設
平成27年9月 新型溶接ロボット2台増設(本社工場第14工場)
平成27年12月 新型ハイブリッド・プレスブレーキ増設(本社工場第1工場)
平成31年1月 堺物流センター新設(堺市堺区)
平成31年1月 新型溶接ロボット6台増設(本社工場第4工場)
令和元年11月 東大阪工場開設(東大阪市)
令和2年9月 茨城県つくばみらい市に新工場用地取得
令和3年12月 つくばみらい工場開設(茨城県つくばみらい市)
令和4年5月 スポット溶接工場新設(本社工場第3工場)
令和4年8月 細川工場開設(兵庫県三木市)
令和4年12月 新型溶接ロボット3台増設(本社工場第3工場)
令和5年6月 平面研削盤1台、ラジアルボール盤1台、旋盤機1台、110tプレス1台、150tプレス1台増設(つくばみらい工場)
直立ボール盤2台、タップボール盤3台増設(本社工場)
バリ取り機導入(東大阪工場)
令和5年8月 金型製作のため守谷工場新設(茨城県守谷市)マシニングセンタ1台増設
令和6年5月 つくばみらい工場拡大、第2棟完成 ファイバーレーザ加工機ENSIS3015-AJ 、パレットチェンジャーAS3015C 導入